ブログカテゴリ:お知らせ



2019 · 14日 10月 2019
ルドルフ・シュタイナーによれば、「人間はみな、この世に生まれ落ちる時、それぞれの誕生星位(ホロスコープ)を大脳皮質に刻み込んでくる」のだそうです。ですから、私たちのあり方は、ホロスコープと分かちがたく結びついており、星々の運行や位置と響きあうのは、当然と言えば、当然なのかもしれません。わたしたちはそれぞれ、頭のてっぺんに星々とコンタクトするアンテナを乗っけてると想像しただけでも、ドラえもんのタケコプターみたいで、愉快な気分になります。 ジュピター東海では今年も丹羽敏雄さんをお招きして、十二星座と人間・世界Ⅲを開催します。2017年の1回目には、ホロスコープの全体像、2018年は、地上での活動分野を示すハウス、そして今回は、私たちの変遷してやまない、心魂の様々な働きや原理を表す「惑星」から人生の謎を解き明かしていきましょう。占星術入門講座の3回目ですが、初めての方も参加していただけます。(満席になりました)

2019 · 20日 6月 2019
ジュピター東海の取り組みとしてご紹介した、バイオグラフィーワークで読み解く、杉原千畝の企画「出会いの神秘」が近づいてきました。 今回の企画で、私自身は発表やワークを直接リードするわけではありませんが、企画を支える役目としても、杉原千畝の生涯の起点となった八百津町にある記念館は必見と、梅雨の晴れ間を縫って訪ねてきました。...

2019 · 01日 6月 2019
柴田絵里子 健康オイリュトミー講座  2019/07/09 ①10:00-12:00 ②13:00-15:00 参加費:5,000円(1こま3,000円) 会場 イーブル名古屋(地下鉄東別院徒歩3分) 講師 柴田絵里子(治療オイリュトミスト・ドイツ在住)...

2019 · 26日 4月 2019
「名古屋オイリュトミーの会」夏のオイリュトミー講座の予定 2019年7月9日(火)イーブル名古屋  ☆健康オイリュトミー 柴田絵里子(治療オイリュトミスト・ドイツ在住)...

2019 · 21日 4月 2019
なんじ自身を癒せ 第5章

2019 · 21日 3月 2019
ウェブ版で見る場合はこちら

2019 · 10日 3月 2019
オイリュトミーはもともとギリシャ語で「調和のとれた美しいリズム」を意味していますが、ここで美しいというのは、内面と外面が一致、調和しているということを指しています。では、ミクロコスモスとしての人間のありようが、マクロコスモスの宇宙と響きあい調和しているとは、具体的にどんなことなのでしょう。...

2019 · 24日 1月 2019
バイオグラフィーワーカーズ・ジュピターは、養成コースの卒業生たちの同窓会組織ですが、ジュピター関東、ジュピター東海、ジュピター関西、ジュピター九州等々、中国地方や、北海道など、全国に卒業生たちは散らばっており、それぞれの地域で活動しています。...

2018 · 16日 12月 2018
バッチフラワーセラピーは、補完療法の一種で、アロマセラピーやハーブと同じ、植物療法の仲間ですが、身体的癒しが目的ではなく、ダイレクトに感情を扱うところに特徴があります。感情というのは、私たち一人ひとり、固有の内面世界ですから、外から見ることはできません。つまり、その効果のほどは一人ひとり違っていて当たり前、主観的だから証明もできません。 そういうのって、気のせいだから信用できない、という人もいます。 でも私は、気のせい? 大いに結構! と思います。 感情って、まずはハートで感じることですから。 感情に対応する38種類のレメディを鏡にして 自分の心を見つめ、レメディを選び、飲む。 言葉にすれば、それだけのシンプルなことですが、 実際、どれだけの人が、自分の本当の感情を知っているでしょう。 自分の本心が分からない人なんて、ざらにいます。 かくいう私もそのひとりでした(あえて過去形)。 もちろん、今も決して、常に分かっているわけではありません。 でも、分からないということを、知っている、ということはできます。 自分は、思っていること、言いたいこと、したいことを 明晰に理解できていて、届けたい時に、届けたい人に伝えているかしら? 屈折した思い、素直じゃない表現 どうしてそうなってしまうのか、それがどこから来ているのか。 これは純粋に、自分自身への問いでもあります。 ギュッとなっていた気持ちが、少しずつほどけていくとき、 それはちょっと不思議な感覚です。 なんだろう。 固まっていたものが、動きだすような感じです。 あるとき、ふいに視座が高くなります。 すると、それまで隠れていた別の感情が見え隠れしてきます。 バッチフラワーセラピーは、それを地道に続けていくことで 心身の癒し、魂の成長、自己教育によって、 自ずと自分と自分の周りが幸福になっていく、と言ったら言い過ぎでしょうか。 だから、結局のところ、屈折していようと、本心が分からなくてもいいのです。 今、そこにある感情が大切なのです。 必要なことは どんなときも、自分自身に、問う姿勢を持つこと。 たとえば、今あなたの心に中が、恨みつらみでいっぱいだとしても 自己嫌悪や、不安であっても、恐れることはありません。 人生を愛し、等身大の自分を認めていくと、なぜか逆転が起こります。 外付けしようとしていたことが、ひっくり返って内側が充足する、みたいな。 きっと、それが、自己肯定感とか、自己信頼とか、希望とか、勇気というものなんだと思います。 私が全幅の信頼をおいているバッチフラワーは、類まれな優れたツール。 そして、プラクティショナーとは、ツールを使いこなし、そのスキルを伝える人、 レメディのような人、なのかもしれません。 いつか、そんな人になっていきたいな、と思っています。

2018 · 02日 11月 2018
ウェブ版で見る場合はこちら

さらに表示する