カテゴリ:バイオグラフィーワーク



2020 · 11日 5月 2020
外出自粛のおかげで家が片付く。 部屋の隅にずっと置き忘れていた箱を開けたら 出てくる出てくる 手紙の束、 あの箱もこの箱も手紙の山 よくぞ、これだけ取ってあった。 これだけもらっているということは 自分も同じくらい書いていたに違いない。 心のこもった手紙、 書いている人のまなざしが浮かぶ手紙、 もうこの世を去った母からの手紙。...

2020 · 10日 4月 2020
世界中が緊張に包まれているけれど、この瞬間にも、生まれてくる命がある。 歴史を振り返れば、戦時中にも同じことが言えたのだろう。 なぜ人は、選んだかのようにその時代に、生まれてくるのかしら。 詩人茨木のり子さんは二十歳に敗戦を迎えた。 「わたしがいちばんきれいだったとき」という詩は...

2020 · 30日 1月 2020
昨年の夏、私は70歳になった。 だからもう「アラ7」というよりも、立派な70代だけれど、まだまだ70代は初心者なので、老いのあれこれ、だからこそ日々出会う発見を、忘れないように書いておこうと思う。 あれっ、いつの間にか年下ばっかり、 と気づいたのは30代後半だったかな。...

2019 · 20日 6月 2019
ジュピター東海の取り組みとしてご紹介した、バイオグラフィーワークで読み解く、杉原千畝の企画「出会いの神秘」が近づいてきました。 今回の企画で、私自身は発表やワークを直接リードするわけではありませんが、企画を支える役目としても、杉原千畝の生涯の起点となった八百津町にある記念館は必見と、梅雨の晴れ間を縫って訪ねてきました。...

2019 · 02日 3月 2019
最近、私の周りでは、ご家族の介護が始まったり、あるいは親世代との別れを経験する方が増えてきました。振り返れば、私自身、50代に入って間もなく実家の両親の介護が始まりましたから、多くの人が50代から60代にかけて、そういう問題と直面せざるを得なくなるのでしょう。...

2019 · 24日 1月 2019
バイオグラフィーワーカーズ・ジュピターは、養成コースの卒業生たちの同窓会組織ですが、ジュピター関東、ジュピター東海、ジュピター関西、ジュピター九州等々、中国地方や、北海道など、全国に卒業生たちは散らばっており、それぞれの地域で活動しています。...

2018 · 29日 6月 2018
6/17(日)は、BFRP東海の特別講座、アニマルプラクティショナーの佐藤真奈美先生をお招きして、愛犬に寄り添うくらし~について、たっぷりお話を伺いました。 人間と犬という異種間であっても、家族として暮しを共にするには、どんな努力が必要なのでしょう。動物行動学的アプローチとはまた別の理解の仕方とは、いったいどんなことでしょう。...

2018 · 19日 3月 2018
なんじ自身を癒せ 第5章

2017 · 30日 10月 2017
北原白秋 落葉松 ラーチ

2017 · 28日 10月 2017
自家製スモークサーモンのムース、信濃雪鱒、大王イワナ、ウイキョウのババロア

さらに表示する

COVID-19の感染拡大の防止に関わる取組みから、直接対面するワークやコンサルテーションを控えてまいりましたが再開しています。またZoomによる『バッチの無料相談室』は継続中です。どうぞお気軽にご利用ください。詳細はこちらへ

 

バッチフラワー

コンサルテーション

パーソナルレッスン

お問合せはお気軽に

 

バイオグラフィーワーク

個人セッション

養成コース

KREUZ-クロイツ

カレンダー  アクセスマップ

クロイツHP(2001-2014)

http://home.att.ne.jp/moon/kreuz/

パーソナルノート

http://kreuz7.blog70.fc2.com/ 
幸せのレシピ

https://kreuz7.exblog.jp/i14/