新緑の季節

5月はバイオグラフィーワークで始まりました。


アントロポゾフィーに基づく看護ゼミナールでは

豊田市、あげつまクリニックの素晴らしいホールで、

2日間、ムーンノードを中心に。

ただただ出会いに感謝です。


続いて、伊豆高原の「対話の家」に

講師プログラムのメンバーが集まりました。

このメンバーは、みんなよく知った人たちですが

それでも、最初の頃はやはりぎこちなかったのです。

ところが回を重ねていくうちに

絶対的な信頼感といったらいいのでしょうか。

ある瞬間、何かがフッと変わって

人と人の「間」が育っているという、実感がありました。

共同体形成の醍醐味は、なかなかです。


5月から、養成コースの週末フォーマットは第2モジュール、

ミラーリング、ヒポモクリオン、メタモルフォーゼなど

人生を解き明かしていく、バイオグラフィーワークの

さまざまな手法を学んでいきます。

もちろん、自分自身の人生を使って。


伊豆高原では、日がな一日ウグイスが啼いていました。

GWが明けて、名古屋へ戻ってみると

出かける時には、まだまばらだった槐の新芽が

もうすっかり青葉になっていました。


春から夏へ。いよいよ緑豊かな季節です。