夢か現実か…大英博物館

あの大英博物館に、バッチのレスキューレメディが展示されているらしいと小耳にはさみ、今日はバスに乗って、ブリティッシュミュージアムへ。最近のテロ事件の影響か、入場の際にバッグの中身を改めるとのこと。ずらっと道路まで行列が溢れていましたが、まあ難なく入場。

 

さて途方にくれそうなほど広いミュージアムの入館料が無料とは、大英帝国の懐の深さか、はたまた過去の略奪の罪滅ぼしか。とにかくありがたいことこの上なし。


バッチのレスキューレメディはどこにあるのかな。ありましたぁ~

展示室24 「Living and Dying」

 

長い長いガラスの展示台の上に、ずら~っと並べられているのは、薄い紗のような布に織り込まれたおびただしい数の薬14,000個、さまざまな色、形のカプセルや錠剤は、風邪薬や抗がん剤などなど。イギリス人が生涯を通して飲む平均的な薬の量だとか。そしてピンセットや包帯と並んで、我がバッチフラワーのレスキューレメディが!!  

ほとんど病院に行かない私にとっては、信じられない薬の数ですが、そういえば私の両親など、食前食後、病院の大きな紙袋から、まるでアラレでも食べるように薬を飲んでいましたっけ。どんなに元気な人であっても、生と死の狭間で、病気に全く縁のない人はいないわけですし、医学の発展によって、病の克服もあったことでしょう。けれど、それにしても、健やかな生と死はいったいどんなこと?しばし立ち止まって考え込んでしまいました。

実は、もう一度見たいと、心密かに思ってきた展示物がありました。

大英博物館には、十数年前に1度きり来たことがないのですが、

その後、それを見た時のざわめきというか、

恐怖に似た怖れを思い出しては、

次の機会には、もっとしっかり見ようと思っていたのです。


あれはどこの展示室だったのかしら、

記憶では、展示室というより、階段を下りたひとけのない場所で、

天井まで届くような白い大きな動物か人らしき彫刻が2つ向き合ってありました。


で、今回、それを探してあちこち歩き回りましたが

どうしても見つかりませんでした。

それらしい展示室そのものがありません。


で、本当にあったの?ここだったの?と問われると

急に自信がなくなり、ひょっとすると、あれは夢だったかも、

という気がしてくるのです。


長い時の流れを超えて、存在するモノたちを見ていると

不思議な感覚に襲われる人は、決して私だけではないでしょう。

それにしても、どうしても、

夢とは思えない、リアルな記憶なのですけれど。