バッチフラワーが世界へ…

ネルソン社

イギリス9日目 ネルソン社にて

 

2日間のウォリングフォード滞在の後は、ロンドンに戻り、バッチフラワーレメディを世界中へ送り出している、ウィンブルドンのネルソン社訪問です。


バッチ博士が、このヒーリングシステムを完成させ、1936年に没して以降、残されたノラ・ウィークスらスタッフは、博士の遺志を継ぎ、レメディを作り続けていきました。やがて1960年代頃から、バッチフラワーが広がり始め、1980年代には、毎週8,000本を世界中に送り出すまでに...。

 

高まる需要に応えることができなくなっていったバッチセンターは、

1991年、バッチ博士が生前から縁があったネルソン社にボトリングを委託、

その後、販売権も委託して、レメディを販売するプレッシャーから解放されました。

今もバッチセンターの庭で、バッチ博士がそうしたようにレメディは作られていますが、

バッチセンターの役目は、レメディを販売することから、

バッチ博士の教えを守り、伝えることに定まっていきました。

 

ネルソン社

とはいえ、バッチ博士のセルフヘルプには、レメディは必須です。どんな工程で作られているのか、興味津々。私たちは工場の中に入り、写真もいっぱい撮らせていただきましたが、カメラはここまでにしておきましょう。

ネルソン社の入り口にはラベンダーの花が美しく咲いていました。中に入ると、プリンス・オブ・ウェールズ、すなわちチャールズ皇太子訪問時の写真や、大きな世界地図が飾られていました。地図にピンが打ってある国々にバッチフラワーレメディが届けられているわけです。