3月の植物観察会

3月6日、BFRP東海の植物観察会。

2月末の下見の際には、お財布も年間パスポートも忘れたので、今回はしっかりチェック!

 

暖かいとは言えないけれど、風もなく、時折陽も射すまあまあのお天気。柔らかな浅緑のフキノトウが足元でお出迎えです。

 

集まったのは8人、先日の下見のほうが人が多かった(笑)でも2週続けてこられたのは、なかなかの収穫です。この1週間は、少し寒い日が続いたので、植物はじっとしているということがよくわかりました。


園内の目当ての植物を一通り見てから、それぞれ自分が決めた植物をスケッチします。あっという間に時間がたってしまいます。

今回、私はとちのきの新芽、そう、チェストナットバッドを丁寧にスケッチしました。


そのあと、チェリープラムのある花畑に移動して、それぞれ気づいたことを話し合います。

チェストナットバッドは、お日様が出てくると、ピカピカ光ります!

 

東山植物園

ヤマナラシ(アスペン)がある池のほとり。

建物の根元に生えています

アスペンの特徴である

長い葉柄の枯葉が足元に一杯です。

 

落葉樹はみな、葉を落としているので

樹木のジェスチャーがよくわかります。

 

今年の新しい枝は血が通ったように赤くなっています。華やかに黄色い花を咲かせているのは何でしょう。思わず足を止めて見入る仲間たち


今日も一日、ありがとう!暮れなずむ東山公園内の池。植物園と動物園をつなぐモノレールが通っていきます。木のシルエットが影絵のように美しい。次の植物観察会は4月16日です。それまでに、時間を見計らって暖かい日に出かけてきたいな。