チェリープラムに会いに

週末、遠来の客を迎えているにもかかわらず、

その前日のバッチの講座のために続いた睡眠不足がたたって、いまいち元気が出ず、曇り空だし…と思っていたところ、日曜日の朝、雲が切れて青空がのぞき始めると、突然復活!

 

先日の植物観察会以降、気温があまり上がっていないので、まだ咲いていないだろうと思いつつ、観梅もかねて、チェリープラムに会いに行ってきました。

 

いつもは下る長い坂道を反対のルートから登ると、その急なことったら。息が切れます。

 

竹林を抜け展望台に… 

オリーブとカリヨンがお出迎え。

水仙やパンジーの花畑、

白梅紅梅の香りが辺り一面漂っています。

 

この植物園に1本だけあるチェリープラムも

ますますつぼみが膨らみ始めました。

チェリープラムが満開になったら、この木のそばに立ち、バッチ博士がこの花からレメディを作ったシーンをリアルに想像したいものです。

東山植物園の梅林は、今、梅が満開です。

すれ違う人々はみな幸せそう

寒緋桜はうつむいたカップ型の蕾です。

ただいま、3月中旬~下旬に咲く桜が満開です

花に埋もれて…鳥か虫になったような、あゝ不思議な気分。



それにしても、薄紅、桜色、朱鷺色、撫子色・・・ピンク、ピンク、ピンクの嵐

甘く優しい気持ちと同時に、なんだか狂おしいような

切ないような...これが春の気分なのかもしれません。


ねがはくは 花のしたにて春死なん そのきさらぎの 望月の頃 西行


今年の暦では満月は4月4日。満開の桜の下をそぞろ歩きしたいものです。