白鳥の親子

 

6月24日 2年ぶりにロンドン到着。


この時期のイギリスの日没は21時半頃。

気温は低く風も冷たい。窓の下を流れるカナルには白鳥の親子、今年の赤ちゃんは1羽だけ。ちょっと淋しいね。

通る人はみんな立ち止まって見てる。


これは何年前の夏だったかしら。

この年の赤ちゃんは3羽いる。

心なしか、元気に見える。


「みにくいあひるのこ」のお話は知ってても

本当に灰色の赤ちゃんを見るまでは

実感がなかった。あゝ、本当に灰色なんだ。

でも醜いとは思わない。ちゃんと白鳥のかたちしてるし。今夜は早く眠ろう。明日からは動きます。