テート・ブリテン

東山動植物園

ロンドン3日目

 

イギリスに来てから、ずっと晴天が続いています。

ありがたい。ありがたい。地下鉄に乗ると暑いけれど

光も風もとっても心地よくて最高!日本ならさしずめ高原の夏って感じかな。

 

さて、今日は地下鉄Pimlico駅から徒歩10分のところにある

テート・ブリテンへ。昨年、NYに行った際、

貪欲に美術館巡りをしていて、ハッと気づきました。

そういえばイギリスに来ると、基本的に何もしないという、

贅沢な時間の使い方をしていたことを。

それで今回は、もうちょっと積極的に観光しようと思ったわけです。

クラブアップル

 

吹き抜けの高い天井がとてもきれい。

青空が透けて見えています。

初めてここを訪れたのが2005年。

もう10年も前のことです。


その時は、ちょうどミレーのオフィーリアが

画架に掛けられて、目線に置かれていました。

長いことその前に座り、川の流れや小さな花々、

衣服の華麗さ、オフィーリアの表情に

見入ったものです。


こんな素敵な動画を見つけました。

日本にも来てたんですね。 


「ask me」 と書かれた赤いバッグを持った案内の方がいて

ブレイクが見たいといえばそこへ、ラファエル前派が見たいといえば

その部屋に連れて行ってくれます。

それにしても、あるわ、あるわ、ロセッティはいうまでもなく、

E.バーン=ジョーンズの「黄金の階段」に、ウォターハウスの「シャロットの女」も、

こんなにわんさか飾ってあったら、ありがたみが失せてしまう。

それにしても、今回、絶対見逃さないと決めてきた

ロセッティの「ベアタ・ベアトリクス」、割と小さい。

あんな上の方じゃ、よく見えませぬ(涙)

ワッツの「Hope」も、見たかった作品のひとつ。

何とも不思議な絵です。目隠しをした女性が

竪琴の響きに耳を傾けているのでしょうか。

水に浮かんでいるような地球の上に腰かけて。

 

バイオグラフィーワークでは、ワークの始まりなどで

アイスブレイキングにカードを使ったワークをします。

なので、いつも私のショッピングの中心は

こういったカードなのです。

今日もたくさんのカードを買いました。

もちろん、このカードも。



美術館は案外疲れます。絵に導かれるようにして、結構な距離を歩いていることや、作品のエネルギーが強いからでしょうか。どの美術館にも、いくつかカフェやレストランがあって、疲れたらお茶を飲んだり、ケーキを食べたりするのも楽しみです。というわけで、娘と私はアーチの向こうに緑が見える席で、キャロットケーキを食べていると、突然、そのアーチから鳩が飛び込んできました。驚いたことに、鳩は近くに座っていた女性の頭の上に止まったのです。そして、さらにさらに驚いたのは、その女性は、鳩が頭に止まっているのに、頭を振るわけでも、手で追い払うでもなく、頭に鳩を載せたまま、何事もないかのようにお茶を飲んでいたのです。やがて鳩は天井近くのライトの上に移動して、しばらく店内を見回していたあと、外へまた飛んでいきました。


観てきた絵を一気に忘れてしまうほど、びっくりしました。