バッチセンター2015

バッチセンターのあるソットウェルはとても上品で閑静な村です。

イギリス7日目

 

時間の余裕を持って出たにもかかわらず、パディントン駅に着いたのは、約束の時間を過ぎており、合流するはずだった日本からのメンバーを乗せた電車は出た後でした。今回、お手伝い役の娘とふたり、20分あとの電車に乗ったのに、なんと数分遅れでディドコットパークウェイに到着。なんたる早業!これは奇跡か!?

 

駅について、タクシー乗り場へまっしぐら。あたふたとタクシーに乗り込んだ後、ふと駅舎のほうを見ると、何やら日本人の団体が! あれっ、ひょっとすると私たち、先に着いちゃうかも。

えへへ、やっぱり先に着いちゃった。一番乗りでしたぁ~

今回で4回目のバッチセンター訪問です。あれれ???

なんだかこれまでに比べると、花が少ないぞ~というか、なんか元気がない。

お天気が良すぎて水が足りない?いや、そんな...これはいったい、どういうこと...?

左側の画像は2011年のほぼ同じ季節の庭の池。右側は今年の池。今年はミムラスがいっぱい咲いていますね。なにも咲いていない池の前で、「ここにはミムラスとウォーターバイオレットがあります」と、説明してくれているのが、この庭を13年間守ってきたガーデナーのエマさん、今年も会えると密かに楽しみにしてきたのですが、な、なんと、私たちが来る1週間ほど前に退職し、ちょうど庭師が入れ替わったところだったのです。どおりで、今年の庭は、ハニーサックルとミムラスばかりが目立つのか...と、もちろんこれはこじつけですが、ちょっと同情してしまいました。そうか、そうか、お花さんたち、エマさんがいなくなってしまって淋しいね...不安だよね...

ガーデンツアーの案内人は、我らがステファンさんでした。

チェリープラムにまつわる、とっておきのエピソード、あゝ、みんなに早く言いたい。