シンポジウムのあとさき

メンデルの葡萄
小石川植物園 メンデルの葡萄

 

久し振りに訪れた東京は冷たい雨、シンポジウムの2日前のことです。名古屋の東山植物園にある「メンデルの葡萄」の本家本元の「メンデルの葡萄」を見るため、傘をさして小石川植物園に行ってきました。紅葉にはまだ早く、ひとけのない園内ではニュートンのリンゴ、精子発見のイチョウ、小石川養生所の井戸など、面積は東山植物園の半分ほどですが、さすが日本最古、300年の歴史を誇る植物園です。

次はおおあまな(スターオブベツレヘム)の咲く季節に訪れたいな。

 

さて日曜日、すっきりと晴れました。

詳細報告はBFRP東海のブログに任せますが

会場に次々と現れるBFRP東海の仲間たち!!!!!


そうか、、、グループの発表ですから、

発表者以外のメンバーにとっても、我がことです。

もちろん、仕事の都合、家庭の事情で、この場にいなくても

遠くから応援してくれている人がいっぱいいますけれど。

 

ひとり、またひとりと知った顔が増えていく度に

会場の雰囲気に東海色が混じりはじめます。

つまり、アウェーな感じが薄まっていくのです。

人の力って、本当に無限大∞~

 

今回のシンポジウムで、思わず あっ と

驚かされたのは、グリーンフラスコの林真一郎さんの

バッチフラワーを飲むのは

「口中になんらかのセンサーがあるのでは?」の個所でした。

 

ん、ん??

とても興味深い切り口です。

 

飲むということは喉、食道をとおり消化器官に入っていきます。

感情にストレートに働きかけるバッチフラワーが

なぜ飲むの?…薬みたいに、ということは

私にとって、かなり初期からの疑問でした。

コンサルテーションを受ける方の中には

二の足を踏まれる方もいらっしゃるのですが

もし、口中にセンサーがあるとしたら、

飲むという一連の行程が必要になります。

 

かといって、ダイレクトに胃に入っていく

胃ろうのような場合に、レメディは果たして効果を持つのか。

 

残念ながら、今のところ、何のエビデンスもありませんが

関心を持っていると、どこかから

ひゅ~と糸口がやってくるかもしれません。

 

これは面白いことになってきたぞ。


科学が発達しても

解けない謎はまだまだいっぱいあります。

もうしばらく解けないでいてほしいけど

バッチフラワーから目が離せません。