ありがとう!あいち子育てフェスタ

3年目の子育てフェスタ

BFRP東海 バッチフラワーの癒しの空間

今年で3年目となる子育てフェスタ。3年とも、いつもの会場のいつもの天井の高い大きな部屋が、私たちBFRP東海の場所です。入ってすぐの正面には、バッチフラワーレメディの棚を飾り、参考文献やリーフレットを並べます。そして色とりどりの元気なジニアが、訪れる人をお迎えしますが、実は毎年、この日のためにメンバーの家族が、畑で育ててくれているものです。年々花数が増えて立派になっています。向かって右側が15分間のミニレクチャーコーナー、その奥が20分間のミニコンサルコーナー、ここでは同時に4席をセッティング。そして最後に左側のボトリングのコーナーでマイボトルの出来上がり。改良に改良を重ねた予約システムのおかげで、混乱もなく2日間ともきれいに満員御礼。予定数を上回ってのご来場、ありがとうございました。

妖精がいそうね、と言っていただいた花いっぱいのバッチフラワーの会場
妖精がいそうね、と言っていただいた花いっぱいのバッチフラワーの会場

シュタイナー教育

あいち子育てフェスタの主催は、NPO法人ヴァルドルフうめの森こども園ですから、参加団体は基本的にシュタイナー教育関連の施設が中心です。うめの森こども園のほか、やまさと保育園、愛知シュタイナー学園小中学部、滋賀シュタイナー子ども園そら、あらはし館、名古屋シュタイナー土曜学校山里の森など、隣の画像は、山里の森の子どもたちのフィナーレでのコンサート、キンダーライアーのかそけき響きに、大勢の人が耳を傾けています。各団体のブースでは、シュタイナーらしい美しい作品の数々が大人気。あっという間に売り切れです。手作りの体験コーナーや、シュタイナー教育の体験授業、ライアーコンサートに人形劇、充実の食のマルシェでは、ヘルシーなお弁当に野菜や果物の実売も。


おつかれさまでした!

今年は心地よい風も通って、あまり暑くなかったのは幸いでした。

23日のスタッフは、レベル3受講生を含む14名、多少の入れ替わりがあって24日は13名でした。(2日間通しでのスタッフは、14名のBFRPと4名のレベル3受講生、合計18名)ここに至るまでの練習では、レベル1,2の受講生がクライアント役として参加協力。当日には、他のメンバーが家族や友人を連れて参加してくれたり、差し入れをもって応援に駆けつけてくれました。ボランティア料金のフェスタでは、物質的利益にはつながりませんが、この3年間の経験は最高の贈り物。みんなみんな、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。なんだかもう夏が終わったみたいな気分です。