特別な時間

「茨木のり子の人生と詩の世界~おんなのことば」を終えて

2015年11月、ちょうど1年前ですが、

あいちトリエンナーレ2016パートナーシップ事業に選ばれた、

dialog7の企画「茨木のり子の人生と詩の世界~おんなのことば」は、

名古屋での開催に続いて、2016年初夏の東海、そしてこの度の関東と、計6か所で行いました。   

 

当初はモリコロ基金を受けて、などと計画を立てていましたが

申請の相談会では、基金がなくてもできるね、と言われ、

結果は、あえなく沈没...そこでめげることもなく

さらに多くの協力を得て、無事に全行程を越えることができました。

 

ずっしりと重い、実りの時間

 

バイオグラフィーワークとポエトリーリーディングのコラボレーション

「dialog7」は、ここでひとつのピリオドです。

 

日頃、表現者として活動していない私が

茨木のり子さんだけではなく、自分自身と向き合う日々は、

振り返り、その折々の道すがらがすべて感謝の日々でした。

 

参加してくださった方々、支えてくださった方々、

皆様、本当にありがとうございました。

    

不思議なご縁で、関東最終日の会場は、たまたま茨木のり子さんの終の棲家の近くでした。

東伏見駅から南へ、下野谷遺跡公園を抜けてすぐのところ、書籍にも掲載されていた見覚えのある建物が。

住み手が居なくなって10年、表札もそのまま、紅白の山茶花が咲き、夏蜜柑がたわわに実っておりました。