霜月のクロイツニュースから

ウェブ版で見る場合はこちら

風が冷たくなりました。
一雨ごとに、冬が近づいてきます。
ごきげんいかがですか?
10月のクロイツニュースに
奥蓼科の御射鹿池に行ったことを書きましたが
その3週間後、再び蓼科を訪れることになり、
10年も行かなかった場所にひと月に2回も!

初めての土地、懐かしい場所
当たり前のように歩いて来たけれど
ふと気づけば
自分の回りの風景も、出会う人も
ずっと前からの約束だったかもしれません。
(後半に続く)   

 

クロイツ+今月のおすすめ

(社)バイオグラフィーワーク・ジャパン

バイオグラフィーワーカー養成

ファウンデーションコース

名古屋週末コース12期生募集のご案内

対象:自分の人生に学ぶ姿勢のある方
   社会、教育、医療の諸分野に関わる方
   あるいは関心のある方
   28歳以上(以下の方はご相談ください) 
期間:前期3モジュール 2018年1月~11月
会場:ウィルあいち 
コースリーダー:中村かをる    

 

 


BFRP東海は、東海地方で活動する
バッチ財団登録プラクティショナーたちのネットワークです
詳細は BFRP東海のHPブログ等ご参照のうえ
問合せ・申込みは各企画の担当者名を書いて、BFRP東海メール bach38tokai@yahoo.co.jp へお送りください

第19回 レメディ研究部(対象:BIEPレベル3以上)
日時 11/21(火)10:00~12:00
場所: 日進市岩崎公民館 2F和室
参加費:300円 今回のテーマは「ワイルドローズ」
担当:田中美帆子(要予約)

第18回 植物観察会(対象:どなたでも)
日時:11/29(水)10:30~14:30
場所: 名古屋市東山動植物園 植物園エリア
参加費:各自入園料500円を払い入園
持物:スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート、ルーペ
担当:嶋崎真由美(要予約)

第88回 バッチの読書会(対象:どなたでも)
「なんじ自身を癒せ 第2章」(11R)
日時:12/5(火)10:00~12:00
会場: 岩崎公民館2階 和室
参加費:500円 (当日集めます)
持物:バッチの遺産、マイドリンク、お菓子など
担当:岩田千亜紀(要予約)
読書会後 もう一つのバッチセンターツアー報告会 対象:レベル3以上

バッチのおしゃべりランチ会(対象:どなたでも)
日時:12/11(月)12:30~14:00ごろまで
場所: SALONE DE MK  瑞穂区内方町1-29-2
参加費:各自の飲食代のみ
担当:井神七子(要予約)

英国バッチセンターに認定されている日本で唯一の正規のプログラム
BIEPレベル1 
現在愛知・岐阜で開催中のPTTコースをもって年内の開催は終了です。    
       2018年の開催予定が決まり次第お知らせいたします。
BIEPレベル2 名古屋開催のご案内

       2018/2/3.4(土日2日間) 会場: Heart (ハート)      
お問合せ・お申し込みは  (社)バッチホリスティック研究会

旅心に誘われて、急に何度も蓼科に行くことになったのは本当に不思議。
長いこと閉まったままの箱のふたを開けたみたいに、いろんな思い出も飛び出してきます。
こんなふうに道がついてしまっては、私はいつか長野か山梨に行ってしまうんだろうか。
実は間もなく3度目の蓼科行きも計画中。どう考えても行き過ぎでしょ、私。(苦笑)

そういえば、なんでこうなったんだろうと思う場所のひとつに福岡があります。
事の起こりは全く別のきっかけでした。修学旅行で一度行ったきりで縁のない九州でしたが、
40年ぶりに訪ねたとたん、その数週間後、
今度はバイオグラフィーワークの連続講座のために行くことになり、
そのまま6年間、乗りかかった船とばかり定期便のように通いました。
あの展開はなかなかドラマチックでした。
それにしても最初の福岡行きは、そのあとに続く道のために、
ドアを叩きに行った?
それとも勇気という飛び石を置きに行ったのかしら?
ずっと前から約束をしていたように、大人になってからの私を育んでくれた
大切な人々との出会いの土地、それが福岡です。

現在の私は、自分で調整さえしたら誰に許可を得る必要もなく、
行きたいと思うところへ出かけていくことができます。
ある年齢域にいる、特に女性の多くは、自分のためだけに、
1人で出かけることなど考えもつかない人も多いでしょう。
けれど自分の方向性を探るうちに、どうしてもしたいこと、
行きたいところが見つかったら、今の自分にはこれが必要と、
声を上げることに罪悪感を持たないでほしいと思います。
ほしいものはほしいと言いましょう。それは正しいことだからです。
でも、正しいからこそ伝え方の練習は必要、
どんなに正しくても主観的なことである限り、
それを正しく伝えるには練習が必要なのです。

ところで、この日曜日、フォルメンと花の幾何まんだらの講座に参加しました。
とても興味深い内容で、心底楽しんでいたはずなのに、
描きながら私は段々落ち着かない気分になりました。
なぜかというとコンパスと定規での作図が、気分よくきっちり嵌らないのです。
実際には大した問題ではありません。
けれど私の中に隠れている、「正しく」したいボタンが押されてしまったのかもしれません。
バイオグラフィーワークではしょっちゅう絵を描きますが、
その時にはついぞ味わうことのない感情です。
私は自分が思うようにできないと不機嫌になる、ある意味、とても子どもっぽい、
負けん気の強い人間であることを思い出しました。
現在の私は「ほぼいつもほがらか」ですが、
わくわくと描いているにもかかわらず、
不機嫌になっている自分を発見して軽くショックを受けました。
コンパスと定規という学校のツールを手にしたせいかもしれません。
こんな私は久しぶり。
そういえば、ずっと「勝気なかをるちゃん」と言われていましたっけ。
多分、本当のところは今も変らないでしょうけれど、
負けるが勝ちの滋味も覚え、不機嫌になることはほとんどなかっただけに、
なかなか貴重な経験でした。

花の幾何まんだらは、帰宅後、気分一新、
正五角形のクラブアップル、ワイルドローズ、
正六角形のスターオブベツレヘムを
「わたし」が満足するまでさせてあげましたから、
今はすっかりゴキゲンです。

まもなく「十二星座と人間・世界」の開催です。
遠く近く瞬く星々が集まるように、たくさんのお申込みありがとうございました。
星の語る言葉に耳を傾ける晩秋の一日、皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

寒さが募る一週間になりそうです。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。
中村かをる
  * * *
最後まで読んでくださり有難うございました。愛と感謝をこめて。

このメールはクロイツにご縁のある方、BIEPを学ばれている方にお送りしています

配信不要、アドレス変更の場合はご遠慮なくご一報ください

 

クロイツ 中村かをる
* * *
愛知県日進市岩崎町石兼56-72

Tel/Fax:0561-72-9612  info@kreuz7.com

KREUZ+ https://kreuz7.com