親子の対話

上の画像はすべて

東山植物園のハニーサックル

蕾から開花、結実、そして・・・

先日、娘とスカイプで長話をしたやり取りを

友人たちに話したところ、一瞬、沈黙。

「親子じゃないみたい」と言われて、

びっくりしてしまいました。

「え~どこが?」という私に

「だって、親子なら、もっと、モロな感情が出るもんでしょ。」とのこと。

なるほど! そういえば、見かけによらずクールだよね、とも言われる。

 

で、つらつら考えてみると、

これは、やはり子育ての途中から遠距離になったせいかも。

 

第1子の長女がイギリスに行ったのは1993年の秋、

13歳になったばかりのことでした。

思春期前期、不安定さの真っただ中。

今のようにラインもスカイプもなく、それどころか、

まだ携帯もインターネットもありません。

国際電話のコレクトコールにヒヤヒヤしながら、

ちょっとした愚痴や苛立ちに、じっと耳を傾ける。

口を出したくなる時もあるけれど、

ガマンガマン、ただ寄り添うだけ。

母親の不用意な言葉は、他人以上に傷つけることもあります。

近くにいれば、修正可能かもしれない。

でも、離れているから、自然に、

迂闊な言葉が出なくなりました。

 

不安から、怒りから、親は子どもに、本当の気持ちではなく

感情的な言葉を投げつけてしまうこともありますが

それが本来の家族らしい会話だとしたら、私たち親子は?


どの家族にも対話には特有のスタイルがあります。

好き勝手に思ったことを言い放てる親子、

ある意味、その正直さ、無遠慮さが、ちょっと羨ましい。


距離と時間がつくった親子の対話のかたち。

とにかく、私の「聴く力」は子どもたちによって

育てられた、ってことらしい。