伊勢は私の故郷

 

私は伊勢で生まれ育ったから、多分、富士山の麓や、京都などの観光地生まれの人も同じだと思うのですが、当たり前のところにいると、外から見るほど、ありがたみを感じることもなく、大人になって、いいね、と言われて初めて故郷を誇らしく思うようになりました。

 

でも、高校の頃、学校帰りに友人たちとよく歩いた

外宮の梅林は駐車場になり、勾玉池周辺は整備され、

綺麗になったものの、あの頃の佇まいは薄れ、

私の記憶の中の「外宮さん」とは少し違います。

(鳥居から一歩入れば、今も昔と同じ別世界ですが)

 

実家から外宮は徒歩圏内だったし

当時、高校も外宮のすぐそばだったから、

(今では高台に移転してしまったけれど)

外宮は私にとって、普段着の馴染み深い場所でした。

 

とはいえ、親が老いてからの伊勢は介護一色。

7年の間、数えきれないほど、伊勢と名古屋を

往復しましたが、伊勢だからといって

その地を楽しむ気持ちに到底なれませんでした。

そのあいだも、そのあとも。

 

外宮、内宮をはじめ、市内に点在する別宮の月夜見宮、月讀宮、倭姫、また遙宮の瀧原宮、伊雑宮等々、家族で、また友人たちと訪れたこと、そして、折々に遊んだ従姉妹たちのことが偲ばれます。

 

久しぶりだし、今年は

新しいまなざしでわが故郷を眺めてみようかな。

 

近年の遷宮やパワースポットブームなどで

伊勢神宮の人気は急上昇、 

下の画像は「三つ石」

外宮のパワースポットで有名です。

誰もいなかったので、大急ぎでパチリ。

人が来ては皆、手をかざしていきます。

う~む、あったかい!?

外宮 三つ石
パワースポット 外宮
クロイツでのバッチ国際教育プログラム

朝日が差し込む手水舎、せんぐう館の向こうには勾玉池

同行のひろこさん、御正宮ど真ん中に収まってます

伊勢神宮外宮 別宮多賀宮

別宮 多賀宮

1のつく日の朝には、神馬見参に出会えるかも