スィートチェストナット

1月のバッチフラワーレメディ

栗の花の蕾

スィートチェストナット

カテゴリー 失意と絶望

英名 Sweet Chestnut 
学名 Castanea Vulgris,Castanea Sativa
和名 西洋グリ
キーワード  絶望、魂の暗闇

 

苦痛が余りに大きく、耐え難いと感じられるときのためのものです。心や体が忍耐の究極の限界を越えると感じて、もう屈服するしかないと思われる時に使います。眼前に崩壊や破滅以外の何ものもないように見える時のためのレメディです。

Dr.Ed Bach「12ヒーラーとその他のレメディ」より


スィートチェストナット デボン州にて

 

2018年1月の「レメディ研究部」のテーマはスィートチェストナット。♬大きな栗の木の下で~🎵と、幼い頃に歌ったあの栗がスィートチェストナットです。もっとも西洋グリですから、私たちが目にする栗とはちょっと違うかもしれませんが、私はバッチフラワーを学び始めた時、スィートチェストナットのどこが、「失意と絶望」の極みを表しているのかが、疑問でした。ところが2013年の夏、デボン州コッキントン村を訪ねた時のことです。まるでここは天国か、と思うほどに美しい風景の中を歩いていると、突然、傾いた大きな木が、薄暗い木漏れ日の中に現れました。幹は身悶えするようにねじれ、広げた枝は重力に耐えかねて大地に引きずられているみたい。ううう。なんて苦しそうな木なんだろう・・・近づいて葉っぱを手に取ると、あっ、これは? そうです!!それがスィートチェストナットでした。樹形やジェスチャー、すべてから深い苦悩が漂っているかのようで、思わず私は言葉を失いました。

こちらはイギリスの冬、キューガーデンのスィートチェストナット。見事な巨樹です。落葉樹は冬になると、骨格がはっきり見えて、それも樹木観察の楽しいところです。それにしても、この木、見れば見るほど、ちょっと怖い。夜、この木に出会ったらお化け?!とギョッとするかもしれません。まるで生きているかのようにうごめく幹と折れ曲る枝。ハリーポッターに出てきそう。ところが、興味深いのはその花です。とてもエネルギッシュに、吹き上げるように咲きます。そしてその匂いったら!遠くからでも、あ、クリの花が咲いている、と分かるほど。超々強烈!!

  

12月のレメディで取り上げたマスタードは、はっきりとした理由もないのに、突然暗闇に閉ざされてしまった気分のときに使いますが、カテゴリーを見ると「現実への無関心」に分類されています。つまり鬱々として、今を生きることができない状態ということになります。そして、魂の暗闇を示すスィートチェストナットが分類されているカテゴリーは「失意と絶望」です。そのカテゴリーが表している違いはなんでしょう?

 

ある方が、スィートチェストナットの状態になっていた時、ワイルドローズの指標(無気力・放棄、カテゴリーはマスタードと同じ「現実への無関心」)の説明を聞いて、「私、ワイルドローズになりたいわ、諦められたらどんなにか楽かしら」と言いました。確かに、スィートチェストナットの状態は、四面楚歌、もがいても、もがいても救いがなく、どうしようもない状態を指しますから、ワイルドローズのように、現実を諦めて放棄し、向き合おうとしないでいられたら、確かに楽かもしれません。では、どっちの精神状態が重症なのか、と考えてみると、私にはワイルドローズのように思えるのです。

 

苦悩の具合は人によって異なりますから、スィートチェストナットは、めったに使わないレメディというわけではありません。自分なりに頑張った挙句、それでも、もう駄目だ、と思うことは誰でもありますし、逆説的ですが、失意や絶望というのは、結局、諦められない、ということからくるのでしょう。そしてそのこと自体に救いがあるようにも思えるのです。何故なら、失望は、期待や希望の裏返しですし、絶望は、諦めきれないところから起こってくるからです。つまり、人生に対して希望や愛を持っているということにほかなりません。

 

人生を愛するということは、人生を信頼することと同じです。どんなに人生に裏切られたと感じることがあっても、諦めないということは、希望があり、それは未だ、プロセスの途上だということになります。人生に起こる様々な出来事の結果は、うんと後にならないと分からないものです。人生にはどんでん返しなど、当たり前に起こりますし、手ひどい仕打ちを受けて、スィートチェストナットになったとしても、自分を、そして自分の人生の波を信頼していく力を失わなければ、必ずその出来事、そこでの経験は、よき働きへとつながっていきます。もがくだけもがいたら、どうか自分を、「よく頑張ったね」と褒めてやってほしいものです。溺れそうなとき、おそるおそるでもいいから、手足を伸ばしてみてほしい。そうすれば、心に静けさが甦り、自分が今生きている、ということが分かります。そして困難や苦悩の向こう側に、それまで隠されていた成長の果実があることに気付かされ、それを越えたからこそ、手にすることができるという人生の妙味を、スィートチェストナットは教えてくれている、といつも思うのです。

ウェールズのワイルドローズ

 2月のバッチフラワー インパチエンス

 1月のバッチフラワー    スィートチェストナット

12月のバッチフラワー マスタード

11月のバッチフラワー ワイルドローズ

10月のバッチフラワー ハニーサックル


こんなの書いてたことも

月のリズムでバッチフラワー

新月から満月へ~満月から次の新月へとレメディを

1種類ずつ飲んでは、感じたことを書いています。(18種)