ロンドン便り HotTug

楽しい画像がロンドン、エンジェルに住む娘から届きました。

 

この日はイギリス中が、ロイヤルウェディングに沸いていましたが

エンジェルのカナルでは、王妃のものとされているらしい白鳥が

(記憶にある限り)過去最多の8羽のヒナたちとお目見え。

3羽しか生まれなかった年もあるのに、なんと豪勢な!!

幸運のおすそ分けとばかり、道行く人も足を止めます。

 

そこへやってきたのが、ホットタグと呼ばれる超人気のボート。

あったかいバスタブに浸かりながら、カナルをゆっくり流れていきます。

お揃いの帽子をかぶって、シャンパン飲んで、

この日は最高のボート日和。

さぞかし気持ちがいいことでしょう。

 

冬の間も結構、行き交ってたよ、と聞くと、ちょっと可笑しい。

日本なら、さしずめ真冬の露天風呂で雪見酒?

 

ちなみにホットタグはオランダ発祥、

そういえばオランダは水の国、運河の国ですものね。

ホットタブとタグボートをくっつけた絶妙ネーミング!

 

タグボートは大きな船を引っ張るパワフルなボートのことです。

 

でも、いくらタグボートだからと言って、これはいくらなんでも引っ張りすぎでしょ。

ゴムボート4つ。道行く人との温度差がまた笑える。

生まれたヒナが全員無事に巣立ちを迎えることはほとんどないようです。

一羽減り、二羽減り、という感じで、

たった一羽になってしまったヒナと親鳥が泳いでいる様子は

ちょっと淋しい。

 

でも今年は大家族、みんな揃って大きくなあれ。

これからの成長が楽しみです。