2020 · 10日 8月 2020
私は痒いのが、超がつくほど苦手。 だから虫刺されにめっぽう弱い。 蚊に刺されると、アレルギーを起こすのか 刺されてもいないところまで赤くなる。 夏は、いつも、どこかをポリポリ掻いている。 そんな私に、 ひどく刺されたね。 いや、これって刺されたわけじゃなくって 反応して、増えてしまうのですよ。 小さい時から蕁麻疹っ子だったから...

2020 · 15日 5月 2020
ミムラス カテゴリー:不安と恐れ 英名:Mimulus  学名:Mimulus Luteus (現代の学名 Mimulus guttatus) 和名:ミゾホウズキ キーワード:対象がわかっている恐れ...

2020 · 11日 5月 2020
外出自粛のおかげで家が片付く。 部屋の隅にずっと置き忘れていた箱を開けたら 出てくる出てくる 手紙の束、 あの箱もこの箱も手紙の山 よくぞ、これだけ取ってあった。 これだけもらっているということは 自分も同じくらい書いていたに違いない。 心のこもった手紙、 書いている人のまなざしが浮かぶ手紙、 もうこの世を去った母からの手紙。...

2020 · 10日 5月 2020
今できること、今したいこと  に書いたように COVID-19の感染拡大防止から 外出自粛の要請をきっかけとして せめて何らかの役に立てるのではないかと思い 無料相談室を始めましたが 今もまだ、気楽に人と会うことができません。 そして、さらに深刻な状況を 抱えていらっしゃる方もあります。 なのでもうしばらくの間 無料相談室を続けていきます。...

2020 · 19日 4月 2020
もし、いま、私が今よりずっと若かったら 2020年の春をどんな思いで過ごしているかしら。 今の私は、古びてはいるけれど健康で自由があり 安全な居場所を持ち、ごく普通に自分を着せて、 食べさせてやることができる。 責任という意味では、子どもたちはみな独立し 言い出したら、心配は尽きないけれど、 まあ、それはそれとする。...

2020 · 10日 4月 2020
世界中が緊張に包まれているけれど、この瞬間にも、生まれてくる命がある。 歴史を振り返れば、戦時中にも同じことが言えたのだろう。 なぜ人は、選んだかのようにその時代に、生まれてくるのかしら。 詩人茨木のり子さんは二十歳に敗戦を迎えた。 「わたしがいちばんきれいだったとき」という詩は...

2020 · 13日 3月 2020
スクレランサス カテゴリー:内心の不確かさ 英名:Scleranthus  学名:scleranthus annuus 和名:シバツメグサ キーワード:優柔不断、迷い、混乱...

2020 · 30日 1月 2020
昨年の夏、私は70歳になった。 だからもう「アラ7」というよりも、立派な70代だけれど、まだまだ70代は初心者なので、老いのあれこれ、だからこそ日々出会う発見を、忘れないように書いておこうと思う。 あれっ、いつの間にか年下ばっかり、 と気づいたのは30代後半だったかな。...

2019 · 21日 12月 2019
ホリー カテゴリー:人や周囲に敏感すぎて影響されやすい 英名:Holly  学名:llex aquifolim 和名:セイヨウヒイラギ キーワード:嫉妬 憎悪 猜疑心...

20日 12月 2019
2017年秋の植物観察会の始まり

さらに表示する

バッチフラワー

コンサルテーション

パーソナルレッスン
(受付休止中)

 

バイオグラフィーワーク

個人セッション
(受付休止中)

養成コース

KREUZ-クロイツ

カレンダー

クロイツHP(2001-2014)

http://home.att.ne.jp/moon/kreuz/

パーソナルノート

http://kreuz7.blog70.fc2.com/ 
幸せのレシピ

https://kreuz7.exblog.jp/i14/